• トップ /
  • 葬儀に相応しい女性の靴とは

葬儀にはフォーマルな装いで

葬儀に参列する際は、礼装である喪服を着る事が常識です。 女性の喪服は黒色のワンピースにジャケットを組合わせたデザインが主流です。靴やバッグ等の小物もそれに相応しい物を用意しなくてはなりません。女性の靴はシンプルな黒のパンプスが適しています。黒の中でもエナメルの様な光沢のある素材は避けましょう。以前はブラックフォーマルには布製の靴を合わせるものとされていましたが、時代と共に簡略化されて現在では革やポリエステルで艶のない物が主流になっています。デザインはサンダルやミュールの様な爪先や踵が出る形は避け、ウェッジソールやヒールの無い物もカジュアルになりすぎるので履きません。金具等の装飾が目立つ物、そしてピンヒールも派手になりすぎてしまいます。ヒールは高さ5㎝程で太めの安定する物を選びます。ストラップは付いていて構いませんがやはり金具が目立たない物にしましょう。その他女性の靴で気を付けたいのがヒールの音です。葬儀が行われる斎場の床が硬いフローリングの場合、ヒールの素材によっては足音が響いてしまいます。以上の様に色々と気を配ると他の場面に使い回すのは難しいかもしれません。葬儀用と決めて一足用意しておくと慌てずにすみます。

↑PAGE TOP