• トップ /
  • 葬儀での女性のアクセについて

葬儀でもアクセは必要

葬儀での女性の服装については誰もが悩んでしまうものです。派手すぎる服装は当然いけませんが、あまりにシンプルな服装だと、きちんとした格好に見えませんので、度合いが難しいものです。特にアクセについてですが、着けていって良いのかどうか迷うという人も多いと思います。年配の方であればグレーのパールのセットなどを着けていてもよく似合う方が多いですが、フォーマルウェアを着慣れていない若い方ほど、アクセが浮いてしまう可能性があります。葬儀の季節や時間、弔問客の人数などによって葬儀場の雰囲気が違ったりすることも多いですが、基本的には女性はパールのイヤリングもしくはピアス、そしてお揃いのネックレスを着けていれば、どんな場所でも浮くことはありませんし、きちんとした服装だとみなされます。メイクは薄めで、フォーマルウェアとアクセを着けているというのが基本的な女性の葬儀での服装です。また、パールを着けている人が多いですが、パールは繊細なジュエリーですので、夏場などは汗で変色してしまわないか少し心配ですよね。そんな方におすすめなのが、流木の化石と言われている「ジェット」という黒い石のようなジュエリーです。英国のエリザベス女王が着けたことから世界中に広まりましたが、こちらも葬儀などで着けても問題のないものですので、おすすめです。

↑PAGE TOP