トップ / なぜ顔がテカってしまうのか

脂性肌と自然派コスメ

なぜ顔がテカってしまうのか

顔がテカる理由を紹介する

顔のテカりや脂性肌の原因を見ていきましょう。

・乾燥
脂性肌とは、なにかしらの原因により皮脂の分泌が過剰になっている肌状態をさします。
一見すると脂性肌と乾燥肌は対極しているように思えますが、肌の水分量が極端に低い乾燥肌だからこそ脂性肌になっているケースも多くあります。
肌の水分量が30%を下回る乾燥肌なのに顔のテカリが気になるかたは、オイリードライといわれる脂性乾燥肌である可能性が高くなります。
脂性肌の大きな原因としてなかなか気付きにくいのが、乾燥であることを理解しておきたいですね。

・男性ホルモン
また、皮脂の分泌に大きく関わるテストステロンやアンドロゲンなどの男性ホルモンも大きく影響しています。
これらのホルモンの働きにより、皮脂腺を増やしたり皮脂を分泌する皮脂腺の活性化・皮脂の合成などが行われています。
ですが、生活習慣・ストレス・遺伝的な要因などからホルモンの分泌が過剰になることで、皮脂の分泌も過剰になるため結果的に脂性肌へと傾いてしまいます。
このホルモンは思春期をピークに分泌され、30代後半から40代にかけての2回のタイミングで脂性肌になりやすくなりますが、思春期に脂性肌の傾向が強い女性は40歳くらいまでその肌質が継続するケースが多いようです。

・食生活
飽和脂肪酸を多く含むバター・肉類・牛脂・ラード・ショートニングなどの摂りすぎに注意しましょう。
飽和脂肪酸は、体内の不要な脂を体外に排出する役割をもつ皮脂腺を詰まらせる原因にもなってしまいます。
どうしても脂っこいものが食べたいというかたは、脂がのった魚を食べるのがおすすめです。魚の脂であれば、サラサラとした皮脂が分泌されるので毛穴を詰まらせることもありません。このような皮脂であれば、皮脂本来の機能であるお肌を保護する役割を果たしてくれるでしょう。

・間違ったスキンケア
脂性肌の人ほど顔の皮脂が気になり頻繁に取り除いてしまいがちですが、皮脂を取りすぎないことも大切です。優しい洗顔としっかりとした保湿を行いながら、お肌を保護する皮脂膜は残しておくのが理想的です。

Copyright © 脂性肌ミネラルファンデーション. All rights reserved.