• トップ

葬儀の時の女性の服装の注意点

喪服の意味は本来は、「遺族が喪に服している」ことを現すものです。葬儀用喪服には、正式のもの(モーニング、和装など)と略式のもの(ブラックスーツ、ブラックフォーマル)があります。葬儀の時に、正式の物を持っていても、遺族より格が上の喪服はして礼に当たりますので、女性の場合、ブラックフォーマルを着用しましょう。それは、黒のワンパースやアンサンブルやスーツです。肌をあまり見せないのが、原則で、夏も五分袖のものが望ましいです。靴とストッキングは、黒を身につけましょう。他に女性が身につけるものでは、バッグですが、それは黒で、その時ショルダーバッグは、なるべく避けましょう。会社の帰りなどの場合は、ショルダーバッグはひもで結んで持つなどして、ご遺族の方に失礼にならないようにしましょう。アクセサリーは結婚指輪程度ですが、石の部分を手の内側に向けておくことも大切です。パールのネックレスは、涙を現しますので、つけますが、二連の物は重なる意味がありますので避けましょう。香水は控え、光沢のあるものは、実につけないようにしましょう。折衝を意味する皮のコートは避けるべきです。メークも濃くならないようにし、神も黒の輪ゴムかピンでとめましょう。以前は通夜の場合、とりあえずと言う事で、地味な平服でしたが、最近は、通夜、葬儀・告別式は、すべて女性の場合、ブラックフォーマルを着用するのが一般的です。

↑PAGE TOP